坂道のアポロン

今回は私がおすすめする映画をご紹介したいと思います。

佐世保市が舞台になった映画「坂道のアポロン」

五島ではありませんが同じ長崎県ということで「坂道のアポロン」をご紹介します。

映画「坂道のアポロン」を見てどこか懐かしく、とっても切なくて甘酸っぱいそんな気持ちになりました。
素敵な教会や佐世保弁なども使われていたので共感が増したのかもしれないです。

世界遺産にもなった黒島天主堂も出てきます。

長崎県佐世保市は北部に位置しています。

映画「坂道のアポロン」キャストは?

【主演】
  • 西見薫:知念侑李
  • 川渕千太郎:中川大志
  • 迎律子:小松奈々
  • ディーン・フジオカ
  • 中村梅雀
  • 真野真里菜
 監督:三木孝浩

三木孝浩監督は以前、新垣結衣主演の「くちびるに歌を」も制作しています。
「くちびるに歌を」は五島列島が舞台になった映画です。

くちびるに歌をの詳しい記事はこちら

中川大志さんはプライベートで何度か五島に来たこともあるんです。

中川大志五島の記事はこちら


映画「坂道のアポロン」ストーリー

舞台は1960年代 長崎県佐世保

医師として病院に勤める西見 薫(知念侑李)

10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……
あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎(中川大志)と、運命的な出会いを果たす。
二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。
ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。
やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。
切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。
しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――
 

坂道のアポロンの原作は?

漫画「坂道のアポロン」作者:小玉ユキ
小玉ユキさんは佐世保市出身
漫画は全9巻まで出ています。
漫画も読みましたが千太郎がかわいかです。
ジャズを通して3人の恋心や友情が描かれています。

DVDやアニメは?

映画とアニメ坂道のアポロンはDVDも発売されています。


まとめ

今回は五島の紹介ではないですが、五島列島で撮影された「くちびるに歌を」では三木監督、中川大志くんも何度か五島列島の福江島にも訪れたこともあり、五島との繋がりもあることでぜひ紹介したいと思いました!!

映画「坂道のアポロン」はおすすめです。
千太郎役の中川大志くんの佐世保弁もかわいいし、ディーンフジオカの大人の魅力も見所です(笑)
漫画、アニメもぜひ見てみてください。

まだ「坂道のアポロン」ば見とらん方はよか作品やけんぜひ見てみんね!!

坂道のアポロン公式HP
http://www.apollon-movie.com/
坂道のアポロン×佐世保市HP
https://www.sasebo99.com/apollon/
佐世保市のHPではロケ地やモデルコースも紹介されています。


五島列島への
【旅行・宿泊・レンタカー】をまとめて検索は
↓こちらから↓
楽天トラベル
じゃらんnet
Yahoo!トラベル


五島を応援
よろしくお願いします\(^o^)/♪
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ 
にほんブログ村長崎県 ブログランキングへ